関根貴大は車好き!ドイツ移籍後の愛車候補ベスト3と交通ルールの注意点

   

浦和レッズ関根貴大選手がドイツ・ブンデスリーガ2部のインゴルシュタットへ移籍することを発表しましたね。

関根貴大選手が車好きだったってご存知でしたか?

日本では絶大な人気を誇るベンツ、ポルシェ、BMWは全てドイツ車です。

関根貴大選手はドイツで年俸ガッポガッポでドイツ車買ってウッハウハになればいいですね。

関根貴大選手のいつか乗ってみたい車ベスト3とドイツで車を運転するには?といった内容です。

 

 

Sponsored Link
 

 

 

車好きの関根貴大が、いつか乗ってみたい車ベスト3

関根貴大さんのいつか乗ってみたい車ランキングベスト3は以下の通りです。

1位メルセデス・ベンツ「SL-Class」

オープンカーにして海沿いを走れたら気持ちよさそう、というのが理由だそうです。

ちなみに、関根貴大さんのドライブの音楽は行きは三代目 J Soul Brothersの「O.R.I.O.N.」など盛り上がる系、帰りはaikoなどのしっとり系を聴くそうですよ。

横には可愛い彼女が乗っているんでしょうね~(*´з`)

ちなみに、気になるお値段は1,200万円~2,300万円ほどです。選ぶクラスによって差がありますね。

 

ベンツ SL

 

2位メルセデス・ベンツ「G-Class」

ゲレンデとも呼ばれるこのタイプは、戦車のような箱型のデザインが大人っぽくてかっこいい、オシャレというのが理由だそうです。
以前、神戸でプロ野球選手のイチロー選手がこのゲレンデに乗っているところを目撃したことがあります。
ちなみに、俳優の反町隆史さんもこの車に乗っているところを見たことがあります!
お金持ちの車って感じです。

ちなみに、気になるお値段ですが、1,100万円~3,600万円です。

 

ベンツ ゲレンデ

 

3位ポルシェ「カイエン」

まずポルシェというだけでカッコいいんだそうです(笑)意外と庶民的な発想なんですねwww

この車で趣味のサーフィンに行きたいとコメントされています。

ちなみに、気になるお値段は900万円~2,300万円です。

 

ポルシェ カイエン

 

関根貴大

 

 

海外のドイツで車に乗るために、免許はどうしたらいい?

ドイツで車に乗るには、意外にも日本の運転免許で運転できるみたいですね。

ドイツの日本大使館のホームページに詳しく書いていましたが、

ドイツに居住してから6か月間は、日本の運転免許証に在外公館等発行の「翻訳証明」を携帯することで運転できるようになるみたいです。

日本の運転免許証は、有効期限内のものならドイツの運転免許証に書き換えできますが、ドイツで住民登録をしてから一時帰国などで免許の更新をしてしまうと書き換えができなくなるので注意が必要です。

ただし、更新してしまっても、運転免許経歴証明書等でドイツでの住民登録前に日本で運転免許証を取得していたことが証明できれば、切り替えが認められることがあるそうです。

運転で注意することは何があるんでしょうか?

 

 

Sponsored Link
 

 

 

日本とドイツの運転マナーやルールの違い

サンキューハザードは通じない

ドイツでは前が渋滞して停車するときと、故障で止まるときしかハザードは使わないそうです。
警察に注意されますのでやらないようにしましょう。
ドイツのサンキューはウインカーを右左に1回だけ点灯させるんだそうです。

左ハンドルで右側通行

ご存じの人も多いと思いますが、日本とは反対ですので、日本を走る感覚で反対車線を走ると大事故になります。
あと、ウインカーとワイパーも逆についていますので、ご注意をwww

アウトバーンにも制限速度があるところがある

制限速度なしでビュンビュン飛ばす車がたくさん走っているイメージですが、速度制限しているエリアもあるそうですので、注意が必要です。

ロータリー交差点

左回りでぐるぐる回って右に出ていく交差点です。
日本にはないのでなじみがないですが、中を走る車が必ず優先です。

信号や踏切

信号は青→黄→赤→黄→青の順で変わります。そして、踏切では一時停止してはいけません

 

あとはひたすら実地訓練ですね。

無理はしないように、しかし周りの車に迷惑をかけないようにしたいものです。

 

今日はそんなところです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 - スポーツ , , , , ,