嶋大輔の嫁、浅井ゆえの神対応に感動!どん底から這い上がらせた一言

      2018/01/05

歌手で俳優の、嶋大輔さん、本名森島裕文さん

1964年5月22日生まれの53歳、兵庫県西宮市の出身です。

僕は横浜銀蝿とかの世代ではないので嶋大輔さんの全盛期は知らないのですが、

代表作、「男の勲章」は70万枚を超えるヒットを記録しました。

リーゼントのツッパリキャラで不良の憧れだったそうです。

 

Sponsored Link
 

 

 

嶋大輔が参院選出馬を断念した理由に唖然…

嶋大輔さんは2013年に参院選に出馬するため、芸能界を引退しました。

引退記者会見までしたのですが、会見から10日ほど経ったある日、

自民党が手のひらを返し「公認しない」と言われたそうです。

 

 

嶋大輔さんがそもそも政治家になろうと思ったのは、

現在も根深い社会問題化している「いじめ」を減らしたいという思いからでした。

自民党が嶋大輔さんを公認しないとした理由は「今回は芸能人はいらなくなった」から。

 

本人でなくとも唖然としてしまいますよね。

 

近年タレント政治家がやたら多いと思っていたら、政党からのオファーもあって立候補していたんですね。

知らなかった………

 

 

嶋大輔嫁

 

 

嶋大輔の嫁、浅井ゆえの対応が神過ぎる!

嶋大輔さんは1994年に元タレントの浅井ゆえさん(本名幸江さん)とご結婚されました。

こちらも、僕は昔の若かったころの浅井ゆえさんを知りませんので、どれくらいの美人だったのかは謎ですが、

現在の画像ならありました。

お綺麗な方ですね(*'▽')

 

この浅井ゆえさんこそ、裏切られてどん底だった嶋大輔さんを支えた内助の功です。

男の勲章というなら浅井ゆえさんと結婚できたことなんじゃないでしょうか( ˘ω˘ )

 

嶋大輔さんがどん底をさまよていて、家族にすら自民党に公認を蹴られたことを話せずに困っていた時

嫌がらせの手紙や無言電話がいっぱいかかってきていたそうです。

これには嶋大輔さんはたまらず嫁さんに正直に話しました。

 

すると、浅井ゆえさんは

「そうなっちゃったんだから、仕方ないじゃないの。ここから先のことはまた考えましょう」

 

神過ぎる!

浅井ゆえさんは最初から反対していたそうです。

それなのに、それみたことかとは決して責めることはせず、嶋大輔さんを励ましたのですから頭が下がります。

旦那が失敗したとき、責めてもどうしようもないとわかっているのに旦那を責めてしまう嫁さん、たぶん世の中にはいっぱいいますよね(*´Д`)

 

半年ほど対人恐怖症になって引きこもっていた嶋大輔さんにどれほどの力を与えてくれたのか、想像もできません。。。。

 

Sponsored Link
 

 

 

嶋大輔の家族構成、嫁と子供

嶋大輔さんお家族構成は嫁の浅井ゆえさんの他に、

2000年に長女の圭叶(けいか)さん

2007年に次女の彩叶(あやか)さんが誕生しており、4人家族です。

お二人ともまだ成人していませんね( ˘ω˘ )

 

しかし、いつまでも引きこもっているわけにもいかず、家族を養わないといけないので半年ほど、太陽光の会社で営業マンとして働いていました。

その時支えてくれたのが、嶋大輔さんの家族で、

長女の圭叶さんは「パパ頑張って!」と励ましてくれたのだとか。

 

岡田圭右の嫁との馴れ初めは?名前は祐佳で元芸人の美人漫才師

 

2015年5月から飲食店「男の創作カレー鍋ダイニングesora」を開業したそうです。

食べログでの評価はコメント1件だけで、星はまだついていませんでした。

嶋大輔さんは他にも馬主だったり焼肉店の経営だったり、いろいろと手広くされているようですね。

 

 

と、まぁ今日はそんなところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 - アーティスト, 俳優・女優・声優 , ,