裕木奈江のバッシングの原因が怖すぎる…秋元康との噂や嫌われる理由とは?

   

「女性芸能人は女性から嫌われると叩かれやすい」ということは

これから芸能界を目指す人なら覚えておかないといけないことでしょうね。

 

裕木奈江さんは女優としてブレークしましたが、その後なぜか人気が低迷し日本の芸能界から姿を消しました。

裕木奈江さんが嫌われることになった原因について、見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link
 

 

裕木奈江がバッシングされた原因とは?ドラマ「北の国から」「ポケベルが鳴らなくて」の印象が…

裕木奈江さんは「北の国から」でブレークし、翌年の「ポケベルが鳴らなくて」で人気のピークに達しました。

このドラマではまり役を演じてしまったことが、早くも裕木奈江さんの芸能生活のターニングポイントとなってしまったのです。

 

このとき裕木奈江さんが演じたのは主人公の娘の親友で、同時に主人公と不倫関係にあるOL役で、
ぶりっ子なキャラクターは完全な嫌われ役でした。

この演技が視聴者にハマりすぎて人気が出たと同時に、

「裕木奈江が嫌い」という人が急増しました。

僕はこのドラマは見たことがないのですが、裕木奈江さんは悪いイメージが定着してしまったけど、本当に可愛かったんだそうです。

 

そして、「ポケベルが鳴らなくて」の後に出演するドラマでも

裕木奈江さんに対するイメージは払しょくされず、バッシングが続いた結果、

以降出演するドラマも軒並み低視聴率にとどまるという結果に………

 

 

裕木奈江

 

 

なぜ裕木奈江はそこまで嫌われたのか?

裕木奈江さんが嫌われた理由は役の性格がぶりっ子だったという他にも

男性に媚びるような話し方や上目遣いなどの仕草が「女性が嫌う女性」そのものだったことにあったそうです。

「人の男取りそう!」っていうイメージを持たれていたようですね(*´Д`)

 

そこまで嫌われると撮影に遅刻や早退、ドタキャンなど、世間の人が嫌うようなルーズな性格だとかあらぬ噂も立てられるようになったそうです。

 

その後、1999年にアメリカのロサンゼルスに移住し2009年に離婚してからはスイスに移住したそうです。

海外生活が長いので英語も達者ですね。

「インランド・エンパイア」「ツインピークス」などの海外ドラマで活躍できるのも納得です。

 

Sponsored Link
 

 

裕木奈江の人気低迷に実は秋元康が関係していた!?

裕木奈江さんがブレークした「ポケベルが鳴らなくて」のドラマの企画が秋元康さんだったというのです。

そして、あらぬ噂の1つに裕木奈江さんが秋元康さんとの肉体関係の誘いを断ったというのがあります。

断った結果、予定していたドラマ主題歌も他の人に替えられ、関係各方面に圧力をかけられて芸能界で干されたと………

ですので、たとえ事実とは違ってもそれが一般の人たちのイメージに定着してしまうと人気商売の芸能人としては致命傷でしょうね(*´Д`)

 

しかし、裕木奈江さんが当時のことを振り返った時のコメントがまた素晴らしいんです。

  • バッシングを気にしている暇がなかった
  • 後から騒動を知った
  • 夢が叶っていて幸せだった

というのです。

本当に素晴らしいの一言ですよね。

仕事に没頭した結果、不幸にも視聴者に影響を与えすぎて逆に仕事を減らしてしまったけれど

裕木奈江さんは当時は本当に一生懸命でそれと同じくらい楽しかったんでしょうね。

突き抜けて仕事をする時期は次のステージに進むために必要ですが、普通に仕事をしているだけではなかなかそういった状況には出会いにくいですよね。

頑張った人の勲章みたいなものでしょう。

 

ハリウッドでもっと大きな役を勝ち取って、海外の舞台でますます活躍してもらいたいですね!

日本人の女優が世界的に有名になると誇らしいですもんね!

頑張ってくださいね!!

 

 

と、まぁ今日はそんなところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 - 俳優・女優・声優 , ,