サファテの退団理由、西武・広島はなぜ手放した?契約しとけば今頃…

      2017/11/07

今年もソフトバンクホークスが強かったですね!!

なんか、毎年ソフトバンクが優勝しているような気さえします(笑)

選手層の厚さがハンパない(/ω\)

 

なかでもサファテ投手は圧巻の一言です。

MVPですし。

 

しかし、そのサファテ投手は来日してからソフトバンクで3球団目なんです。

前の2球団はなぜサファテ投手を手放してしまったのでしょうか?

 

 

Sponsored Link
 

 

 

サファテ投手の退団理由、広島時代に何があった?

サファテ投手の過去2球団の退団理由が気になりますよね?

ソフトバンクに移籍してからというもの、

あれだけの成績を残し続ける絶対的な守護神なのに、手放すことってあるんでしょうか?

 

サファテ投手は2011年に来日し、1球団目となる広島カープでは怪我に泣かされたのでした。

 

広島時代、サファテ投手は2011年に35セーブを挙げ、助っ人外国人投手として立派な数字を出しましたが、

シーズン途中から鼠径(そけい)ヘルニアになってしまい、一軍登録抹消となりました。

 

鼠径ヘルニアとは、脱腸とも呼ばれ、足の付け根あたりの皮膚の下にに腸が出てきて柔らかい腫れができる症状です。

通常は指で押さえると引っ込みますが、症状がひどくなると押しても引っ込まなくなり、痛みや吐き気を伴い、急いで手術をしないと命にかかわることになります。

 

2012年は復調することができず、ミコライオ投手に守護神の座を明け渡すこととなり退団することになりました。

ミコライオといえば、お笑い芸人チュートリアルの徳井さんの飼い猫しか思い浮かびません(笑)

あの猫、すっごい可愛いんですよね(*´ω`)

あの可愛い猫と生活している限り、徳井さんは結婚できないでしょうwww

話が逸れました………

 

 

サファテ

 

 

西武時代のサファテ選手、涌井投手にポジションを奪われたことが退団の理由?

広島カープを去ることになったサファテ選手ですが、

すぐに次の球団から声がかかりました。

 

2013年に西武ライオンズに移籍となります。

西武時代、移籍した2013年の成績は9勝1敗10セーブ、防御率は1.87となかなかの成績を残しましたが
涌井投手が先発要員からクローザーへの転向したこともあり、セットアッパーとしてシーズンを終えましたが、契約の意思を示さなかったため自由契約となりました。

 

涌井秀章のスキャンダルや、元カノ杉崎美香との破局理由は?ベッド写真流出って本当?

 

西部の首脳陣はきっと悔しがっていることでしょうね。

1年で見限ったサファテ投手が、移籍先の敵チーム「ソフトバンク」で大活躍をしているのですから。

そういった意味では西武はサファテ投手をうまく使いこなせなかったと言えます。

 

その後、ソフトバンクへ移籍してからはサファテ投手の快進撃が始まり

  • 2014年は37セーブ
  • 2015年は41セーブ
  • 2016年は43セーブ
  • 2017年はなんと54セーブを記録しています。

3年連続セーブ王を獲得し、さらに今年2017年度はプロ野球史上初の50セーブ越え………

中日ドラゴンズの岩瀬投手が2005年に記録し、2007年に阪神タイガースの藤川投手が記録した46セ

ーブが今までの日本記録でした。

 

 

驚異的なのは、来日してからの7年間の平均防御率は1.55という数字。

安定しすぎでしょう………( ゚Д゚)

これじゃなかなか打てません(笑)

 

 

Sponsored Link
 

 

 

褒めるべきはソフトバンク首脳陣と工藤監督だろう…

広島カープも西武ライオンズも活かしきれなかったサファテ投手を見事に絶対的守護神に仕立て上げたソフトバンクホークス、

前二球団が無能だったのかというと、決してそうではないでしょう。

 

どちらの球団も選手の育成力については一般的に高評価だと思っていますし、

むしろ、育てた選手を他球団に引き抜かれるイメージが強いです(笑)

 

サファテ投手はクローザーですので、勝てる球団でこそ一番力を発揮しますよね?

 

広島も西武も、弱い球団ではないですが、選手層の厚さでいえば

ソフトバンクホークスが頭一つ飛び出ていると思います。

今年のリーグ優勝も、早かったですからねぇ(´っ・ω・)っ

 

西武が手放すと決めたサファテ投手を確保したソフトバンクの首脳陣と

チームを優勝に導く指導力を発揮した工藤監督があってこそ、

サファテ投手が今の力を発揮することができた原因だと思います。

 

と、まぁ今日はそんなところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 - スポーツ , , , ,